アフターピル処方で公費援助を受けられる条件は?

2020年04月10日
薬を持っている様子

アフターピルは避妊に失敗した時、緊急的に避妊効果を得ることができる方法です。性交後の一定時間以内に服用すると高い避妊効果を発揮することができます。避妊しなかったり、コンドームが破れてしまった場合におすすめです。アフターピルを購入する際、公費援助を受けることができるケースがあります。いくつか条件がありますが、性暴力被害によって警察の介入の元、申請すると緊急避妊薬に関して公費援助が受けることが可能です。クリニックの中には対応しているところもあり、各都道府県にある警察では性犯罪被害110番などの性犯罪被害相談電話窓口などを設置しています。

公費援助を受けられる条件はいくつかありますが、具体的には無理やり性行為を強いられたレイプなどが対象です。もし被害を受けた場合、警察に行きましょう。警察と相談すると婦人科に行くことができ、アフターピルやレイプキットなどを含めて対応してくれる婦人科を紹介しています。一刻も早くアフターピルを利用した場合、クリニックに行くことをおすすめします。医師と相談し被害を訴えたい際、警察に行くことを検討しましょう。クリニックでは性感染症などにも感染していないか検査することができ、性行為から72時間以内の場合アフターピルを入手することが可能です。性暴力にあった場合、医療や福祉・司法などの必要なサービスを1箇所で纏めて提供している性暴力被害者ワンストップ支援センターが全国各地にあります。性暴力被害者に対する支援経験があったり、被害者支援のため研修を受けたスタッフが対応することが可能です。

アフターピルは出来るだけ早く服用することが必要で、早い人だと3日後に生理が来たり、遅くても3週間以内に生理が来る仕組みです。服用して吐いてしまった場合、2時間以上経っているなら体内に成分が吸収されているので問題はありません。アフターピルは緊急避妊法として利用されていて、インターネット通販などを利用すると購入することが可能です。性犯罪などにあった場合、警察などに届けると公費援助を受けることができます。金銭的な負担がなくなり、警察に届け出るか悩んでいるなら相談することができる性暴力ワンストップセンターを利用することが可能です。支援センターではいろいろなサポートを受けることができ、自分の体や心を守りこれ以上傷つかないよう配慮してくれるでしょう。望まない妊娠を避けるためピルを使っている人は多いですが、避妊に失敗した場合アフターピルが効果的です。自宅に常備薬として保管している人もいて、万が一の場合に備えることができます。